日本

MECOMS™ 
スマートな公共事業会社を
力強くサポートする

Christopher Teo

Managing Director Asia Pacific & Japan
Mail me.

これまでに経験したことのない移り変わりを見せる世界において、現在、各国の公共事業関連会社は複雑な課題に直面しています。かつては独占企業のような優遇をされていたこれらの企業は今、合併、買収、民営化の対象として大きな注目を集め、新たな価値ある企業モデルを形成すべく模索しています。そんな中、新たなセクターや地域に進出するという形をとることにより、既に多くの公共事業会社はその運営、事業活動の範囲を拡げてきています。其々の企業活動の地域や産業部門により、自由化、合併、競争における展開の傾向は異なるものの、テクノロジーの進化が公共事業セクターを間違いなく根本から変えるものと考えられます。

MECOMS™ アニメーション動画

多くの公共事業会社は、インフラストラクチャの老朽化を機に技術革新の強みを活用しようとしています。スマートグリッドや高度メーター・インフラストラクチャの出現はビリングの精度を向上させました。これにより公共事業会社は、大手法人顧客にのみ可能だった個々の状況に応じたサービスの提供を可能にします。

会社のシステムや情報に、現場の作業員が簡単にアクセス出来る簡単なツールが欠かせない現在、モバイル技術は生産性を極大化する上で要のツールとなっています。今、公共事業会社は、常にオペレーションとそのメンテナンスのあり方に配慮、向上させ、資産のリスク管理とコストバランスを向上させる事が必須となってきています。多くの労働力を必要とする地理的に分散した資産管理や、そのメンテナンスには簡略化や統合化が求められてきます。事業プランやリソースの確保は大変重要で、複雑なタスクです。簡単に現場作業員が会社のシステムや情報にアクセスできるモバイル技術を有するのは生産性を高める上での要となってきています。

 

顧客からのニーズや信用取引、集金、回収不能件数など、様々な状況を踏まえて価格設定は左右されてきます。しかし、どんなシステムであっても多種に及ぶ商品、顧客の移転、建物所有者組合への適切な対応、そしてクライアントとの強いコネクションを維持するのは、重大な課題となります。

公共事業会社は、このように刻々と移り変わっていく顧客のニーズに配慮し、顧客がそのビジネス経験から感知している営業コンセプトと管理においてもっと精緻化する必要があります。多くの企業は、カスタマーサービスに対して寄せられる苦情対応に多大な時間と労力を費やしています。カスタマーサービスというタスクは、仕事上の問題から生じるストレスや緊張感によって不満を募らせ、従業員の離職率の上昇にもつながります。会社はその場しのぎの対応をするのではなく、このような問題の防止に努めなくてはなりません。

マネージャーがより迅速で確かな意思の決定を下せるようにするには、事象の全体像を把握出来る様、常に必要な情報へのアクセスができるかどうかが要となります。事実と真実に基づいた正しい情報、これが自社のパフォーマンスを正確に判断・分析し、正しい決定を下す材料となるからです。

全体の財務パフォーマンスを改善するには、日々のオペレーション、顧客ニーズおよび遵守すべき規制事項を確実に把握することです。MECOMS™ は公共事業会社に向け、多種の必要課題への対応を可能にする総合的ソリューションを提供します。旧態依然としたアプローチに終止符を打ち、スマート・ソリューションを活用する時代が来たのです。

広範なフェランティのネットワーク及びパートナーネットワークを通じて、MECOMS™は世界中でサポートされています。
フェランティはMECOMS™を供給しシステムインテグレーターとMEOCMSの製品販売と導入を行なっています。
公認販売パートナーは豊かな市場知識をベースに販売及び事前販売をしています。公認導入パートナーはMECOMS™システムの全プロジェクト・ライフサイクルを扱います。
フェランティは世界中に広がる公認パートナーと共にMECOMS™をサポートしています。
フェランティはヨーロッパ、インド、シンガポールに拠点を置き、北米に支部を置いています。

brochure